スタッフブログ

ネットでのお部屋探しに対応した情報力強化のプロモーション

2020年9月29日|カテゴリー「営業ブログ

ネットでのお部屋探しが主流となると情報力の有無や掲載方法によって、同等の物件でも優劣が大きく分かれてしまう場合があります。


それはネット上ではごく普通であり、物件をどれだけ良く見せることができるかが売り出しかたの大きなポイントとなってきます。


弊社施工物件をネット上で売り出す際に、ポータルサイト等でどのような取り組みをしているのか少しだけご紹介します!




完成前からイメージパースを掲載

f484e1b099670425cee9b7d0ac9a9505

大概のポータルサイトではお部屋の工事中、部屋内の写真を載せずに掲載されています。


弊社では、ご提案の際に作成するお部屋の完成イメージパースをブラッシュアップし、よりリアルなパースを掲載しています。


これによって完成前からおしゃれなお部屋ができることがわかりますので、入居意欲を掻き立てるようなパースを掲載をしています。


こういったデザイン性に優れたお部屋が「いつ」「どこに」できるかを告知しています。


また各仲介店舗が運営するポータルサイトでも掲載していただけるようパースデータを配布し、ネット内で幅広く情報を打ち出せるような体制づくりに注力しています。











掲載写真の選定

IMG_3965-e1601344603185

ネット上の写真は内・外部含めて大きな情報量を占めるのが「写真」です。


掲載物件の第一印象に大きく影響するものですので掲載写真の選定は慎重に行います。


1Rのお部屋に対しても100枚以上撮影し、明るさや見栄えを考慮しながら施工の意図やポイントとなる部分がわかりやすいような写真を選定しております。


写真を見て、「実際にお部屋を見てみたい」という気持ちになってもらえるような写真を掲載するよう心がけています。


写真にもある通り、レンタル家具をお部屋のデザインに合わせて配置する「ホームステージング」も行っております。


実際に家具レイアウトや生活動線をよりイメージしやすいよう一定期間家具を置く取り組みも行っております。




内見動画


最近新しく始めた取り組みの中に、内見動画を人気動画アプリ「YouTube」にアップロードしています。


使い勝手やポイントを抑えつつ、リノベーションを施した部分など作り手側からの説明を入れることにより、ネット上でも売り出し方を差別化することができるのです。


更にデザインについての解説もありますので、ネット上で内見ができるようなツール作成を行っております。


内見動画はこちらのURLから☞https://www.youtube.com/watch?v=nz8MqwAU8jc



このような内見動画を弊社ポータルサイトや仲介店舗に配布する資料に組み込み、入居者だけではなく仲介営業マンにも見ていただきお部屋の営業ポイントを参考にしてもらえるよう共有していきます。


まとめ


このようなプロモーション活動によって弊社で施工させていただいた「デザインリノベーション物件」の情報力を強化していきます。


どれだけ良いお部屋を作ったとしても売り出し方が悪ければ入居はつきませんので収支改善にはつながりませんよね?


我々はお部屋を工事することが目的ではなくオーナー様の収支改善ですので、入居が付くまで下記の方程式を基にコンサルティング活動に取り組んでおります。


「ニーズに合ったお部屋」×「適切な募集体制」=「早期入居と収支改善」


これからもインターネット傾向は変わらず進んで行きますので、ネットでの情報力強化をないがしろにしてしまうと入居者から見向きもされないといったケースも考えられます。


周辺のライバル物件との差別化を図り、エリアの賃貸市場から頭一つ抜け出すような物件となるよう現状の募集状態を見直していきましょう!


「市場での流行や入居者傾向でこれから不安」「入居率が下がってきた」などお悩みがある方はお気軽にご相談ください!!



IMG_4225

例年とは違う今年の繁忙期の入居者傾向について

2020年9月29日|カテゴリー「営業ブログ

京都・滋賀エリアでのリーシング状況からみると、やはり例年より来客数が減少している傾向にあります。


通年であれば「秋の繁忙期」も中頃に差し掛かる時期なのですが、客足が伸びない状態が続いているようです。


個人客だけに関わらず法人客の動きも少ないようで、仲介業は厳しい状態を迫られています。



こういった状況下でお部屋探しをされている方々の傾向をお話していきたいと思います。


繁忙期に駆け込みで来店するお客様とは異なり、引越し時期にある程度余裕のある方が多いようです。


仲介店舗の営業マンに聞きますと来店される際には、候補がすでに決まっているケースが殆どのようです。


事前にネットで候補物件を幾つか絞ったうえで来店されるので、来店してすぐ内見といったケースもあります。


本格的にネットでのお部屋探しが主流となってきました。


営業マンによる類似物件の紹介はありますが成約率は低いようで、対策としては管理物件が候補にあがるようネット情報の強化を行っているとお聞きしています。



ネット情報の強化とは、各ポータルサイトでお客様の目に留まるような工夫をすることです。


まずは募集条件の掲示方法は重要です。


ポータルサイトでお部屋を探す場合、入居者の条件からお部屋を絞ることができます。


大きく分けて5つあり、「立地」「家賃」「広さ」「築年数」「仕様」がありここから更に詳細を詰めていくことができます。


この条件に引っかかるような工夫をすることが必要です。



次に情報量の大きな割合を占めるのは、「写真」です!


写真の写り映えや角度、明るさなどで第一印象は大きく変わります。


見栄えの良い撮り方をする技術が必要になりますね!


そのほかにネット上でお部屋の中身を見ることができるようなシステムがあれば、なお良しです!




ネットでのお部屋探しが主流になった現状のニーズにしっかり対応した募集形態が必要です。


同等の物件でも掲載方法によって優劣が出てしまうのがインターネットの良いところでもあり、悪いところでもあります。


どのように工夫すれば入居者の候補物件に上がるかを考える必要があるのです。


一度ご自分の物件がインターネット上でどのように掲載されているか見てみてはいかがでしょうか。


DSC05324

賃貸経営応援セミナーの御礼

2020年8月31日|カテゴリー「営業ブログ

弊社の「賃貸経営応援セミナー」も8月19日開催を終え、無事に13弾を閉幕することができました。


感染症対策の為、小人数での開催となりましたがご参加いただきました方々、これまでにご参加いただきました方々に心よりお礼申し上げます。



当セミナーは、京都府・滋賀県のオーナー様を対象とした取り組みで、賃貸経営に関する時事ネタや収支改善についての講義を行っております。


今回の13弾は京都・滋賀県のオーナー様でも使える補助金・助成金のお話を税理士の講師に、昨今のお部屋探しやリーシング活動について弊社担当者がお話させていただきました。


やはり時代によって入居者ニーズや活用できるツールというものはどんどん変わっていくものですね!


そういった情報をキャッチし、オーナー様に共有できるような場にしていきたいと思います。


開催はこのような情勢下ですので不定期となりますが、次回の開催を計画中でございます。


少しでも気になる場合はお気軽にご参加ください!



IMG_3873

ネットでの情報力強化は入居率に直結します

2020年7月29日|カテゴリー「営業ブログ

京都・滋賀県でもコロナウィルスの感染者数が日増しに増加しているところですがいかがお過ごしでしょうか。


マーケティング調査や施工物件のリーシングで各エリアの仲介店舗を訪れるのですが、入退去への影響も大きく、例年と比較すると来店者が減少傾向にあるようです。


また、入居希望者が来店した場合でも内見したいお部屋を事前に絞っておられる方が殆どのようです。


仲介店舗からの物件紹介数は少なくなる一方で、ネット上での競争が激化しているようにも感じます。


近年のお部屋探しの傾向は下記の通りです。

① 入居条件を設定(予算、立地など)

② 上記条件に基づきインターネットで物件を探す

③ 最寄りの仲介店舗に赴き自分で絞った物件の内見手続きを行う

④ 気に入ったお部屋に申し込む


リーシングで伺う多くの仲介店舗でも、「ここ数年でマーケットが変化した」とお聞きします。
お部屋を紹介してもらうために不動産屋に行くのではなく、内見と手続きのために店舗に赴くようになってきています。


ではどうすれば内見に結び付く情報力強化につながるのかを説明します。



12

右図は某ポータルサイトでお部屋を探す際に絞る条件です。
家賃帯から間取り、立地から築年数まで指定することができます。

こだわり条件として、設備の部分まで好みを反映できるようになっています。

人によって入居に至る優先順位は様々ですが、おおまかな条件としてはこのような項目となります。


この中から候補をあげていくのですが、チェック項目に入らない物件はそもそも除外されるのです。


ネット上では、より多くの項目を網羅した高スペック物件が有利なのは一目瞭然です。


21

こだわり条件にはさらに細かい項目があります。

これだけ多岐にわたる項目があるとどのような対策をしてよいか検討をつけづらいですね。


一般的に良く言われるのが「バス・トイレ別」「インターネット無料」「屋内洗濯機置き場」などが単身やファミリー層からも印象が良く、相場家賃より高くても入居が決まりやすいといわれています。


納得できる部分も多いですが、それでもなおライバル物件は多く差別化できたとは言えません。

「立地」「建物構造」「築年数」はどうすることもできませんので、これ以外の項目で対策をしていかなければなりません。


入居をつけるために家賃を下げるという手もありましたが、そもそも他の条件に適さない限り候補にも残らないのです。


逆に設備を充実し多くの項目に該当できる高スペックなお部屋にするのが理想ですよね。


32

左の図は、京都市内にある駅周辺のデータの一部です。


見ていただきたいのは、総物件3344件に対してデザイナーズ物件が41件(1%)とリフォーム・リノベーション物件に関しては12件(0.3%)と競争率が少ないと断言できます。


全国のリノベーション物件は下記リンクより


周辺との差別化を図るなら、上記のような倍率の低い部分に絞った対策が最も効率的です。


まずはお持ちの物件がどれだけの項目に該当するか、ライバルとなるお部屋がどれだけあるのか一度検索してみてはいかがでしょうか。

空室対策は部屋内から!

2020年6月9日|カテゴリー「営業ブログ

空室対策でまず先に手を付ける優先順位として、部屋内から改善することが良いことを昨日の記事で書きましたが一体どのような対策が良いのかクローズアップしていきたいと思います。
退去後に手を施す場合、大きく分けて2つの工事に分かれます。


①原状回復工事
 退去後、損耗した箇所を部分的に修繕する工事でハウスクリーニングも含まれます。
 メリット :低コスト 短工期
 デメリット:費用対効果が明白ではない、家賃はあがらない


②リノベーション
 退去前のお部屋より魅力のあるお部屋にする工事です。住設機器の交換や間取り・仕様変更などが含まれます。
 メリット :物件の資産価値が上がる、相場より家賃をあげられる
 デメリット:原状回復工事より高コスト、工期1~2か月程度かかる


簡単に違いを表記すると上記のようになります。



【原状回復工事をお勧めするシチュエーション】
□築年数が浅い
□入居率が良い
□繁忙期までに時間がない

上記の際は、現状でも入居が決まる要素が多いので高いコストをかけるよりは低コスト・短工期の現状回復工事をお勧めします。また時期的な懸念もあり入退去の見込める時期が迫っている場合もすぐにでも募集できるようクリーニングのみ行うなどスピード感を求められる場合もあります。


【リノベーションをお勧めするシチュエーション】
□内見はあるが申し込みまでいかない
□契約家賃が年々下がってきた
□周りに新築や築浅物件が増えてきた
□住設機器の交換時期がきた

内見があるということは、家賃や立地などの条件を経て内見に至りますのであとは「この部屋に住みたい」と思わせる魅力が必要です。また時代によって入居者ニーズも変動しますので賃貸相場に相応しい仕様にする必要があるケースもあります。同時に周辺物件から差別化できるポイントがあれば募集家賃を相場から上げることもできます。
加えて原状回復工事と比較すると高コストですので住設機器の交換時期にリノベーションを採用するほうが良いでしょう。



「原状回復工事」「リノベーション」にはそれぞれ違いがあり、採用すべきタイミングと状況があります。
何を目的として投資されるのかが明確である必要があります。なにより時代についていかなければ、売れ残る道をたどってしまうばかりなのです。

また長期経営のリスクは大きいものですが、そのリスクを最小限に抑えることが大事です。その中で収益を最大化させることが賃貸経営の中で大きな目標となります。


周辺ニーズと物件の状況によって適切な対策を施しましょう!!

私たちリノリース京滋は、京都・滋賀物件の資産価値・収益性を上げるお手伝いをさせていただいております。
空室でお困りの場合は、お気軽にご相談ください!



3366d25335d5dfd477f6b5f466437554

空室改善のためにどこから手を付ければよいのか見直しましょう

2020年6月8日|カテゴリー「営業ブログ

現在空室のお部屋になぜ入居が付かないのか分析をする際に大きなポイントが2つあります!


①内見があるのに決まらない
 立地や募集家賃は適切ですが実際に内見を見た際に申し込みまで踏み切れないということは、
 部屋内に魅力を感じなかった可能性が高いです。


②内見がない物件
 そもそもの募集条件の設定が相場とかけ離れている場合が多いです。
 部屋探しの段階で検討される候補に入っていないということになります。


空室の初段階でこういった見立てをつけることができます。
また紹介している仲介店舗や管理会社の声も重要な要因になってきます。



入居に携わる要因として「立地」は建物が建ってしまっている以上動かすことはできませんので、それ以外の項目で対処していかなくてはなりません


入居要因をあげていきます。

□家賃設定:周辺の家賃相場から適切な設定を行いましょう
□共有部の清掃:内見時に管理状況の良し悪しを判断する要因になります
□物件の広告力:仲介店舗からの認知度は紹介につながる大きなポイントです


と上記3項目程上げましたが、一番優先順位が高いのは「お部屋の魅力付け」です!!


入居者が実際に住むのは居住空間である部屋内です。見栄えを気にして外壁などから手を付けられる方が多いですが、一番重要なのは自分がどういったお部屋に住みたいかです。


ネットで探す場合も立地・間取り・家賃・住設などで候補を上げていきますので、実際に入居者目線になってお部屋探しをした場合に外壁の色など入居に関わるような条件に入ることは少ないことがわかります。


全体的に手を入れるのであれば、部屋内から対策を施しましょう!


d20600408c4629c14f737b6de625b0cf1

入居者様のためにできること。

2020年5月13日|カテゴリー「営業ブログ

京都・滋賀県内の外出自粛は続いていますがどうお過ごしでしょうか。


この春の繁忙期は、全国的に転居を見送る方が多かったそうで仲介業としては大打撃を受けています。


都心部などの人が集中しているエリアは特に影響が大きく、例年と比較すると大幅な収入減があったそうです。


情報誌を見ていますと、仲介から管理まで不動産業全般に関わる対面業務をなくすシステムを採用する会社が増えています。


例えば、お部屋確認や重要事項説明などをWEB上で行えたり、書類を電子化してやり取りできるようなシステムもあるようです。


コロナ禍で様々な対応策が出てきてはいますが、現在空室の物件に入居をつけるのは難しい状況にあるようです。




新規の入居付けも大事ですが、今いらっしゃる入居者様の不安や不満を少しでも軽減することが最も大事です。


在宅時間が長くなると、今まで見えていなかった部分が露になることがあります。


また、近隣のトラブルも増えてきます。


そういった状況下で親身になって対応してもらえるかで、物件や管理会社の印象が大きく変わることは間違いないですので気を遣っていただきたいポイントの1つです。


また感染リスクを下げるような呼びかけや取り組みも必要です。


不要不急の外出自粛を呼びかける紙を投函したり、帰省や遠方への外出を管理会社やオーナーに報告するような制度を取ったり、宅配ボックスを設置したりと感染リスクを避ける取り組みも必要です。


入居者様の不安・不満を少しでも軽減できることが信頼につながり、長期入居していただくことにつながると思います。



今マンション経営についてお話できることは


「今の入居者様が退去とならないよう配慮する」


ということです。


現状が落ち着くことを願うばかりです。


弊社でもオーナー様、入居者様になにかお手伝いできることはないか日々動いております。


マンションに関する相談事はお気軽にご連絡ください。



b33130aee4d8aa8a7aa8efb5ca1d562d1

米原でリノベーション中の2階建てアパートをご紹介

2020年4月27日|カテゴリー「営業ブログ

米原市の築29年木造2階建てアパートをリノベーション中です!!


アパートの半分が6か月以上空いているとのこと・・


 (50,000円 × 6か月 = 300,000円 の空室損)


キッチンや浴室などの住設も古く印象が悪い状態で、間取りに対しターゲットが定まっていない状態でした。



依頼を頂いたとき、このエリアにどれほど需要があるのか気になりました。


最寄り駅から徒歩20分以上離れており、住宅街の中に立地していたためです。


人口分析からターゲットとなる入居者層を割り出し、そこに向けた間取り・仕様・デザインを提案することとしました。


結果としてあまり賃貸需要が大きくないエリアでしたので、単身~2人暮らしまでの複数層に向けたお部屋をプランニングしました。



1~2人暮らしをターゲットとするうえで、現状の間取りで良いのか考察しました。


・水廻りの不便さ

・リビングの使い勝手


これらを改善させるためのプランニングを行いました。
before
d1d643e544663d32242bc13fc23ecc09
【ビフォア】
△玄関を開けてダイニングが丸見え
△水廻りの使い勝手が悪い
△和室の用途が明確ではない
△洗面所が狭い
icon1
after
355a69108ab891c1885d84f224085895
【アフター】
〇1LDKに間取り変更
 ⇒ターゲット層から需要のある使い勝手の良い間取り
〇玄関部分に扉設置
 ⇒玄関からお部屋が直接見えない+空調効率UP
〇クローゼットに間仕切りを新設
 ⇒便利なリビング収納は可動棚付き
〇用途を明確化
 ⇒寝室を独立させ、内見時に生活をイメージしやすい
bdee60ae76b5d6112725a1bf66ad6c0d

間取りだけでは、具体的なイメージが付きにくいのでイメージパースを作成します。


まずオーナー様が入居できるイメージを持っていただくことが一番大事であると考えております。


このパースは募集する際にも利用します。
内見が入居意欲に与える影響は大きく、私生活や家具のレイアウトをイメージできるかどうかが大事になってきます。
5909acec13f854d9a0d737146de2a5cc

5cf8c209418712fabf166e3ad60680b9

2f1efd106707a4985e8e03f978ebc1d6

ただいま絶賛工事中でイメージパースで募集をかけている状態ですので、完成が近づいたらまた報告します!


ちなみに募集中のサイトはこちらです☆

今、オーナー様が入居者様のためにできること

2020年4月24日|カテゴリー「営業ブログ

京都・滋賀エリアのコロナウィルスによる影響は、日に日に増すばかりです。


リスクを避けてか入退去の数が例年より少なかったという声もよくお聞きします。


賃貸経営者様はコロナ禍で保守的にならざるを得ない状況ですが・・


賃貸業の収入源は入居者が付いていてこそです!!


今オーナー様が入居者様にできることをお話していきたいと思います。


「いつでもやれる」を今だからこそやりましょう!

defe69d2164d64741b3bcbbc427cc813

コロナウィルスの影響により不要不急の外出自粛に伴い入居者様のために弊社で提案できることはないかを考えております。


①宅配ボックスの設置
外出自粛要請によって対面によるリスクを避けるためにネット通販の利用増加が見込めます。
各宅配業者様でも対策を実施されている中ではありますが、設置していただくと入居者様も喜ばれるのではないかと思います。


②メールボックス更新
施工期間が1~2日程度の工事ですので、入居者さんに迷惑をかけることなく設置することができます。
この時期にセキュリティ性の高いものに交換してみてはいかがでしょうか。


入居者が求めるニーズは随時変わっていきますが、今はコロナに対する対策が必要な時期です!



お見積りのご依頼は、下記フォームからお願い致します。
※現状記入欄にプチリフレッシュ(宅配ボックス)の依頼の旨をご記入ください。
  1. ご所有の物件について

  2. お困り事は?








  3. 所有
  4. ※必須
  5. 空室のある物件について

  6. ※必須
  7. 構造


  8. 施工物件の見学について

  9. 希望タイプ


  10. お客様情報

  11. ※必須
  12. ※必須
  13. ※必須
  14. ※必須
  15. ご案内方法


  16. 上記の内容でよろしければ送信ボタンをクリックしてください
    確認画面はありません(ボタンを押すと直ちに送信します)
 

リフォームとリノベーションの違いは??

2020年4月9日|カテゴリー「営業ブログ

4月も中旬に入り繁忙期が終わろうとしておりますが、入退去の状況はいかがでしょうか。


コロナウィルスの影響もあってか、例年より動きが芳しくないエリアもあることでしょう・・


この状態の中で入退去のリスクを感じるお客様は少なくないはずです。


そういう時に次の入居に向けて準備する期間ではないでしょうか?


ということで普段我々が提唱している「リノベーション」と「リフォーム」のちがいについてお話しします。



リフォームとは、原状回復のための修繕や部分的修繕などを指します。


劣化部分を基の状態に戻すために行う工事で表層及び部分的な補修を行います。


この際あくまでも元の状態に戻すためだけですので募集家賃の維持は可能ですが現状より上げることは難しいでしょう。


ですので、築年数が浅く入居率が安心できる物件に対して向いています。


またリノベーションよりも費用と工期を抑えられるため、現状の状態で募集しても入居見込みがある場合はメリットが大きいです。



リノベーションとは、元あった状態より価値をあげるような工事を指します。


ニーズに合ったお部屋を考え、住設機器(キッチンや浴室他)や間取り・仕様を変更し物件に付加価値を付けます。


周辺のニーズを直接取り入れますので、内容によってはライバル物件との差別化ができるようになります。


プランニングの際は現状入居が付く仕様ではなく、数年後を見据えた仕様にする必要があります。


この場合、リフォームより費用や工期は掛かりますが、新築時に無かった付加価値がつきますので募集家賃を上げることは可能でしょう。



どちらにもメリット・デメリットがあるので一概に言い切れません。


現状を把握し、予算や工期などをあらかた設定した上でプランニングを行ってもらうのが良いでしょう。


また市場調査を行い、しっかりとニーズを把握したうえで判断する必要があります。


賃貸マンションへの投資は費用対効果が最も重要ですので、プランに対しての根拠を追求するべきです。


だからと言って必要最低限の仕様にしてしまうと、周辺物件と同じ募集条件となり価格競争に巻き込まれるのは間違いありません。


ですので、ライバル物件と差別化できるポイントを明確化できるよう対策を施すべきなのです。



リフォーム、リノベーションどちらを取るにせよ肝心なのは、入居者のニーズを把握することです。


物件の立地条件や入居者の動向、好まれる設備などを踏まえたうえで、どういった対策が必要なのかを検討してください。


「ご自身では調査が難しい」「第三者の意見を聞きたい」などご要望がありましたらお手伝いさせていただきます。


プランニング、ご提案までは無料です!お気軽にお問合せください!


343e7ab3aae310f6f65043ca7996474a1