エアコンを使わない暑さ対策

どうもみなさんこんにちは西川です('ω')ノ


私事ではありますが夏バテは今まで経験したことがないので、できるだけクーラーを使わない生活をしておりました

冷やしたタオルを首に巻いたり、扇風機を使ったりと工夫して暑さをしのいでいたのですが・・

先日、塗装工事のため窓にシートがかぶせてあり、さすがに耐えられなくなりまして寝ている間の熱中症も怖いのでスイッチを入れました


春の引っ越しから電源すらつけていなかったので、温風は仕方ないと思っていたところ・・

なかなか涼しい風が出てこず、調べるとガスがなくなっていたとのことです

塗装会社さんに申し訳なくシートを破って事なきを得ました


今やエアコンがないと生きていけない時代になってきましたね

ただ電気代を考えると使わないほうが・・という考えもあると思います



そこで本日はエアコンなしで部屋を涼しくする方法をご紹介したいと思います


換気扇や扇風機をつかう

sudare

扇風機は消費電力がエアコンの10分の1程度なのでどちらを利用するかによって電気代はかなり違います

そして使い方も直接人に当てるのではなく、部屋の熱気を取るために使ってみてはどうでしょうか


部屋が暑いのは熱気と湿気がこもっているからで、湿気によって不快感がもたらされます


そして熱気は天井に籠ります


なので天井に向けて風を送ったり、開けた窓に向かって扇風機を回すのは効果的なんですよ

熱気を逃がすことも大事です


同じ原理で行くと換気扇も効果があります


すだれは直射日光を防ぎ、風を通すので効果的です

先人の知恵は偉大ですね('ω')

氷や保冷剤を使う

ここで必要なのは凍らせたペットボトルです

これを扇風機の風に当てると冷気が出てお部屋が冷えますし、溶けたら冷えたお水を飲むことができるので一石二鳥


準備も冷凍庫に入れるだけなので簡単ですね☆


いくらお部屋を冷やしても、体が熱を持ってると意味がありませんね

人が温度を感じやすい場所として首や脇などがあり、そこを冷やすと涼しく感じます

保冷剤や冷やしたタオルを首に巻くだけで体温が下がるのでいいと思います('ω')


外壁やお庭に打ち水をするのもいいかもしれませんね

まとめ

今の時代は機能的なものが増え、生活が便利になってきています

その裏側で消費電力が上昇し、地球温暖化にも影響を及ぼしています

少しでもエアコンを使わずに暑さ対策を考えることも少なからず大切であると思うのです

先人の知恵にあやかるのも一つの手ですよね


熱中症や脱水症状など体調面の問題があると思いますが、安全面を考慮したうえでこういったことをやってみてもいいと思います('ω')ノ