入居者の需要('ω')ノ

どうも皆さんこんにちは西川です('ω')ノ

先ほど賃貸についての記事を読んでいたのですが、事故物件に対するイメージのアンケートデータを実際にそういった物件に住んでいらっしゃる芸人さんが回答するというものでした

事故物件に対するイメージは、家賃が安い、怖い、心霊現象がありそうなどが多くの割合を占めていました

敷金礼金が0だったりするのでお金をかけたくない、寝るだけの部屋として「癒し」を省ける人にはおすすめだとか・・

私は絶対に住みたくないですけどね♪


上記にも書いた通り、お部屋にはそれぞれ需要があります


新築志向(30%)
20代後半から30代前半の女性に多く、新築以外は興味がない

家賃志向(45%)
入居者全体の半数が初期費用・家賃は極力おさえたい、中古物件でも構わない

立地志向(15%)
単身者や学生に多く、駅から徒歩圏内で学校に近いなど

物件志向(10%)
デザイナーズ物件や自分好みの物件を探していて、家賃や立地は関係ない


こういったジャンルの中で私たちリノリースが戦うのは物件志向の10%の市場です

、供給過多の普通の物件市場で価格競争に飲み込まれるのではなく、ライバルの少ないデザイナーズ物件で勝負しているのです


これがリノリース独自の「10人中9人に嫌われるお部屋づくり」というコンセプトなのです


そして物件志向の方は デザイン>家賃 なので家賃を下げずに入居者を獲得することができるという仕組みなのです☆

私たちはそういったお部屋づくりをしております






P1060928-e1533543570881

P1000753-e1533543628650

IMG_20180608_1322011