現地調査に行って参りました('ω')

どうもみなさんこんにちは西川です('ω')ノ

真夏日が続いてますね!滋賀県に来て初めて「湖水浴」という言葉を知りました。

地元の九州では海水浴が普通なのですが、泳ぐ場所が琵琶湖になると言葉も変わるんですね。

滋賀県民にとっては当たり前なことでも、僕は新鮮さを感じます。これがだんだんと慣れていくんでしょうね

ちなみに「湖水浴」「水泳場」は、いまだ言い慣れないです( ゚Д゚)



P1070156-e1531901043119
さて本日は土地活用の現場調査に同行させていただきました

事前に図面を拝見し、敷地内を見て回っているとこちらを発見しました!! 

一階から2階を見上げているのですが何かわかりますか??




カバーがかかって見えにくいですが、「エキスパンションジョイント」というものなんです

複数の構造体を結ぶときに用いる継ぎ目の名称です

重量などの構造体の特性が異なる場合にこれを利用します。地震や温度変化、地盤の急な変化による大きな力が加わった場合に構造体ごとに力を分散してくれます。

エキスパンションジョイントがなかった場合、複数の構造体がつながっているので同方向に力を受けてしまい、建物全体が倒壊してしまう危険性があります。

しかしエキスパンションジョイントを設けることによって外力を構造体ごとに分散してくれるのです('ω')

凄いですよね!!




マンションやアパート、ショッピングモールなど身近なところにたくさんありますよ



実際に知識として知っていても、見て体験することのほうが何倍も大きな経験値となると思います。


「百聞は一見に如かず」


このことわざに納得です!!



時間があれば積極的に現場に行ってみたいと思います('ω')