地震|耐震基準について

こんにちは、営業の河本です。

先日大阪で大きな地震がありましたね、怖い!
そして、まだ余震も時々あり不安な日々が続いていることと思います。

普段から防災についての情報は有り余るほど流れてはいるものの・・
いざというときはパニックになってなかなか予定通り動けないものですね。

今回は「耐震基準」について少しお話させていただこうと思います

耐震基準とは?

耐震基準とは、昭和25年に制定された「建築基準法」の一つで、「建築物や土木構造物を設計する際にそれらの構造物が最低限度の耐震能力を持っていることを保証し建築を許可する基準」です。

つまり、この耐震基準を満たしていないと建築は認められません!

ちなみにこの耐震基準は、幾度か改正されています。
一番大きな改正は昭和56年6月1日になされた改正で、このきっかけとなったのが昭和53年の宮城県沖地震でした。
この地震では多くの建物が被害を受け、ブロック塀の損壊による被害も甚大なものとなりました。
この事態を受け、改善にむけて基準の改正に至りました。
この昭和56年に改正された基準を「新耐震基準」と呼んでいます。

これ以降、つまり昭和56年6月1日以降に建てられた建物については、全て新耐震基準をクリアしていることとなります。


旧耐震基準と新耐震基準の違い

それでは、それまでの基準と何が変わったのでしょうか


「旧」耐震基準では・・・
震度5程度の地震を受けても「倒壊しないこと」が基準でした。

つまり、建物に損傷が出て住めなくなった状態であっても、「倒壊」せずに人命をまもることができれば基準クリアということです。

これに対して、「新」耐震基準の特徴は・・・

中規模地震(震度5程度の地震)に対してはほとんど損傷を受けない基準
大規模地震(震度6~7程度の地震)を受けた際損傷はあっても倒壊または崩壊はしない基準

となりました。

地震大国と言われる日本ですが、過去の被害を受け改善対策として基準の見直しがなされ、被害を最小限に食い止めるべく対策が検討されていますね。

オーナー様の中にも耐震診断をご相談される方も増えてきています。
一度診断を検討されることも、持続可能なマンション経営の選択肢の一つと言えますね。

新しくマンションの建築を検討されている方も、「耐震基準」は一つの目安です。
建てる前に「構造」や「壁の量」など、しっかりとした見極めも大切ではないでしょうか。
デザインや設備など目に見えない部分での検討ですが、後になってからは変更のできない重大ポイントでもあります。

コストにも影響するところではありますが、しっかりと建築される会社に相談しながら進めましょう。