入居が決まるお部屋をつくりませんか??

846989bf90428d09aa1f8cc4b3325acc-e1578616567897

左図は京都府内の居住用賃貸物件に関する空室率です。



もちろんエリアによって総物件は異なりますが、京都府の平均空室率は17.5%となっています。



滋賀県もほぼ変わらず17.7%です。



数値を見てみると、伏見区は府内の中で飛びぬけて部件数が多いのに対し、空室率が平均程度という結果です。



北区は物件数こそ右京区・山科区と変わりませんが、空室率が24.2%と平均より上回っている状態です。



エリアによって世帯・学区・交通面など条件は様々で数値は大きく変動します。



全体的にみると京都・滋賀は大阪や兵庫に比べると良い数字ですが、そもそもの総物件数や人口に大きな違いがあるため比較になりません。


人口減少により空室率の増加が見込まれており、物件の競争率は増すばかりですね・・

資料:LIFULL HOME'Sより



入居をつけるために工夫できる点はたくさんあります。


「家賃を下げる」というのはリスク・デメリットが大きいのでお勧めできませんが・・


【設備の更新】【Wi-Fi】【オートロック】【宅配ボックス】等の付加価値をつけることができますが
エリアによって高基準となるところもあり、どこを工夫すればよいのかわからない。といったお話しをよく耳にします。

例えば・・「中京区の単身マンションはオートロックがあって当たり前」となり【オートロック】が基準値になってしまい、付加価値にならない場合もあります。



そこで居住空間に注目していただきたいです!


部屋うちの【デザイン】【仕様】【設備】で特出していれば、大きな差別化になります!!
周辺に「デザインリノベーション」といえるお部屋はありますか??


ポータルサイトを探してもなかなか出てきませんよね??


差別化できたお部屋は物件の付加価値を上げる強みになります!!


空室にお困りでしたら、デザインリノベーションを考えてみてはいかがでしょうか??


お気軽にご相談ください!




DSC01335