物件の周辺のマーケティング調査は重要です!


進学や就職や転勤など、人の動きが盛んになる2月中旬~3月末ですが賃貸市場も大きく影響を受けます。


いわゆる春の繁忙期ですね。


マンション経営をしていく1年間で、最も重要な期間であるといわれます。


この機会を逃すと、残りの1年間に入居が見込めないというエリアもあるほどです。


マンション経営者様は確実に入居をつけるために、対策を施しますがはたしてそれが正解なのでしょうか・・


対策を練るうえでの方向性を決めるべく、解決策における根拠のある問題提起をできるかどうかが費用対効果に繋がります。


その部分がしっかりと土台として固めれれているかが大事になってきますので、再度物件について見直してみてはいかがでしょうか。



対策の方向性を定めるにあたり、多種多様な情報収集がありますが果たしてそれが正しいのでしょうか。


一概に、「流行っているから」「客受けがよいから」など不確かなままでの対策は費用対効果が良いとは言えません。


□物件の現状

□現状のターゲット

□賃貸需要

□周辺の家賃相場

□入居者ニーズ


など調査することはたくさんありますが、対策の方向性を決めるのであればこれらの詳細まで調査する必要があります。


対策を施す根拠の有無によって費用対効果は大きく異なります。


投資がギャンブルになってはいけないのです。


少しでも詳細な情報を持っているほうがより効果的な対策に繋がります。



賃貸市場などの対策に役立つ情報を集めるのには長い時間と労力が必要です。


ですので、そういったことはプロにお任せするほうが確実だと思います。


理由を明確した後に、どのような対策をプランニングするかどうかはプロにお任せするのが一番です。


一貫した根拠立てとピンポイントなプランニングをお勧めします。


繁忙期に入居が付かない場合や、3月中の退去で募集が間に合わない場合など


様々な相談事やご要望などに対し、マーケティング調査からプランニングまで一貫して承っております。


お気軽にご相談ください!



詳しくは下記リンクをクリック☟

P1000563