京都・滋賀での良くあるリフォーム時期、追加投資などの質問を大公開します

みなさんどうもこんにちは営業の西川です

営業活動としていろんなオーナー様のお宅に訪問させて頂くのですが・・

本日はよく聞かれるご質問を3つ程紹介したいと思います!

なぜ今リノベーションなのですか?

繁忙期が終わり、入居の見込みが立ち辛くなった今が1年間で最も空室対策に時間に掛けられる時期です。

プラン作成~工事着工に至るまでのスケジュールを入居者目線で設定しベストな状態で募集できるようご提案しております。そして現状回復にはない「付加価値」を付け、ライバル物件との価格競争から一歩抜け出しましょう。

現状回復が済んでいるのですが工事が必要なのですか?

あくまで表層リノベーションです。
使えるものは使うというスタンスでご提案しております。

また原状回復工事のみで繁忙期を逃してしまったお部屋には入居が付かない何かしらの理由がございます。単にお部屋がきれいだからと言って入居がつくわけではございません。入居者目線で把握することが一番大事なことだと思います。

リフォームしたばかりで追加投資になるのですがメリットがあるのか気になります

リフォームしても入居が付かなければ意味がありません。
空室期間は家賃をとりっぱぐれていることを再認識しましょう

まずは現状を把握したうえで何が原因かを明確化し、ライバル物件と差別化を図りましょう。
また投資効果が不安であれば家賃保証もございます。5~10年の収支を持ってご提案致しますので2重投資になってもメリットを感じて頂けるのであれば活用くださいというスタンスです。

春の繁忙期に向けてお部屋をリフォームしたオーナー様も多いと思います

また今年はGWが長かったせいか入退去が例年より遅い時期まで伸びているため、今から空室になるといったお部屋も少なくありません


そんな中で入居見込みの厳しい夏や秋の繁忙期を逃したくないのであれば事前に改善策を打っておくべきだと思います


☑お部屋の現状を知りたい

☑エリアでの人気設備、必須ポイントを知りたい

☑リフォームでは決まらないのでどうにかしたいお部屋がある


そんなお悩みをお持ちであれば我々リノリース京滋にお任せ下さい!


お気軽にお問合せ下さいませ!!(※相談無料)