京都市右京区の1Rマンションの現調に行ってきました

10月もそろそろ中旬ということで、秋の繁忙期も終わりが見えてきたところですね。


学生・単身者の入退去の動きがあるこの時期の集客も大事ですが、オーナー様の中では春先に向けた経営戦略を立てておられる方もいらっしゃるようです。


春先の繁忙期とはよく言いますが、京都・滋賀エリアでは2月頃からお部屋を探す方が増えてくる傾向にあります。


対策を施す時期をしっかり検討する必要がありますね。


右京区にある単身者向けのマンションの現地調査に行って参りました。


築30年のマンションで総戸数が12室のマンションで、このお部屋だけ3か月空いているということでお話を伺いました。


マンション全体の印象はとてもきれいで、手が行き届いているようでした。


共有部分にも埃すらなく、気持ちが良かったです。



IMG_0061-e1570582973594
ポスト自体は綺麗ですが、南京錠での管理となりますのでダイヤル式には性能が劣ります。しかしすぐに交換すべきではないと思われます。
IMG_0058-e1570583015663
掲示物も綺麗に貼られており、整っておりました。
IMG_0059-e1570583038257
階段や廊下部分も埃すらなく、清潔感を感じる事が出来ました。廊下部分の溝も綺麗にされており、細かい部分までこだわっておられるのが良くわかります。
IMG_0049-e1570583651301
玄関土間から居室に至るまで統一の取れたクッションフロアが引かれています。また洗濯機置き場も屋内に設置されています。
IMG_0020-e1570583590980
キッチンの大きさが長手に1500あり、居室に対して大きいと思われます。またコンロ持ち込み型に需要があるかもふまえ検討していきます。
IMG_0039-e1570583698214
居室は6帖前後で淡いブルーのアクセントクロスが貼ってありました。できるだけ広く使ってもらえるような仕様が必要かと思われます
部屋内はデザインに統一感があり、綺麗でまとまった印象を受けました。


他物件に劣っているのは、水廻りや居室部分の機能かと思われます。


上記の調査結果とマーケティングを合わせた上でプランを考察していきます。


どういったプランになるのかとても楽しみですね!!



今までの事例をHPにて多数公開中!!