スタッフブログ

米原でリノベーション中の2階建てアパートをご紹介

2020年4月27日|カテゴリー「営業ブログ

米原市の築29年木造2階建てアパートをリノベーション中です!!


アパートの半分が6か月以上空いているとのこと・・


 (50,000円 × 6か月 = 300,000円 の空室損)


キッチンや浴室などの住設も古く印象が悪い状態で、間取りに対しターゲットが定まっていない状態でした。



依頼を頂いたとき、このエリアにどれほど需要があるのか気になりました。


最寄り駅から徒歩20分以上離れており、住宅街の中に立地していたためです。


人口分析からターゲットとなる入居者層を割り出し、そこに向けた間取り・仕様・デザインを提案することとしました。


結果としてあまり賃貸需要が大きくないエリアでしたので、単身~2人暮らしまでの複数層に向けたお部屋をプランニングしました。



1~2人暮らしをターゲットとするうえで、現状の間取りで良いのか考察しました。


・水廻りの不便さ

・リビングの使い勝手


これらを改善させるためのプランニングを行いました。
before
d1d643e544663d32242bc13fc23ecc09
【ビフォア】
△玄関を開けてダイニングが丸見え
△水廻りの使い勝手が悪い
△和室の用途が明確ではない
△洗面所が狭い
icon1
after
355a69108ab891c1885d84f224085895
【アフター】
〇1LDKに間取り変更
 ⇒ターゲット層から需要のある使い勝手の良い間取り
〇玄関部分に扉設置
 ⇒玄関からお部屋が直接見えない+空調効率UP
〇クローゼットに間仕切りを新設
 ⇒便利なリビング収納は可動棚付き
〇用途を明確化
 ⇒寝室を独立させ、内見時に生活をイメージしやすい
bdee60ae76b5d6112725a1bf66ad6c0d

間取りだけでは、具体的なイメージが付きにくいのでイメージパースを作成します。


まずオーナー様が入居できるイメージを持っていただくことが一番大事であると考えております。


このパースは募集する際にも利用します。
内見が入居意欲に与える影響は大きく、私生活や家具のレイアウトをイメージできるかどうかが大事になってきます。
5909acec13f854d9a0d737146de2a5cc

5cf8c209418712fabf166e3ad60680b9

2f1efd106707a4985e8e03f978ebc1d6

ただいま絶賛工事中でイメージパースで募集をかけている状態ですので、完成が近づいたらまた報告します!


ちなみに募集中のサイトはこちらです☆

今、オーナー様が入居者様のためにできること

2020年4月24日|カテゴリー「営業ブログ

京都・滋賀エリアのコロナウィルスによる影響は、日に日に増すばかりです。


リスクを避けてか入退去の数が例年より少なかったという声もよくお聞きします。


賃貸経営者様はコロナ禍で保守的にならざるを得ない状況ですが・・


賃貸業の収入源は入居者が付いていてこそです!!


今オーナー様が入居者様にできることをお話していきたいと思います。


「いつでもやれる」を今だからこそやりましょう!

defe69d2164d64741b3bcbbc427cc813

コロナウィルスの影響により不要不急の外出自粛に伴い入居者様のために弊社で提案できることはないかを考えております。


①宅配ボックスの設置
外出自粛要請によって対面によるリスクを避けるためにネット通販の利用増加が見込めます。
各宅配業者様でも対策を実施されている中ではありますが、設置していただくと入居者様も喜ばれるのではないかと思います。


②メールボックス更新
施工期間が1~2日程度の工事ですので、入居者さんに迷惑をかけることなく設置することができます。
この時期にセキュリティ性の高いものに交換してみてはいかがでしょうか。


入居者が求めるニーズは随時変わっていきますが、今はコロナに対する対策が必要な時期です!



お見積りのご依頼は、下記フォームからお願い致します。
※現状記入欄にプチリフレッシュ(宅配ボックス)の依頼の旨をご記入ください。
  1. ご所有の物件について

  2. お困り事は?








  3. 所有
  4. ※必須
  5. 空室のある物件について

  6. ※必須
  7. 構造


  8. 施工物件の見学について

  9. 希望タイプ


  10. お客様情報

  11. ※必須
  12. ※必須
  13. ※必須
  14. ※必須
  15. ご案内方法


  16. 上記の内容でよろしければ送信ボタンをクリックしてください
    確認画面はありません(ボタンを押すと直ちに送信します)
 

リフォームとリノベーションの違いは??

2020年4月9日|カテゴリー「営業ブログ

4月も中旬に入り繁忙期が終わろうとしておりますが、入退去の状況はいかがでしょうか。


コロナウィルスの影響もあってか、例年より動きが芳しくないエリアもあることでしょう・・


この状態の中で入退去のリスクを感じるお客様は少なくないはずです。


そういう時に次の入居に向けて準備する期間ではないでしょうか?


ということで普段我々が提唱している「リノベーション」と「リフォーム」のちがいについてお話しします。



リフォームとは、原状回復のための修繕や部分的修繕などを指します。


劣化部分を基の状態に戻すために行う工事で表層及び部分的な補修を行います。


この際あくまでも元の状態に戻すためだけですので募集家賃の維持は可能ですが現状より上げることは難しいでしょう。


ですので、築年数が浅く入居率が安心できる物件に対して向いています。


またリノベーションよりも費用と工期を抑えられるため、現状の状態で募集しても入居見込みがある場合はメリットが大きいです。



リノベーションとは、元あった状態より価値をあげるような工事を指します。


ニーズに合ったお部屋を考え、住設機器(キッチンや浴室他)や間取り・仕様を変更し物件に付加価値を付けます。


周辺のニーズを直接取り入れますので、内容によってはライバル物件との差別化ができるようになります。


プランニングの際は現状入居が付く仕様ではなく、数年後を見据えた仕様にする必要があります。


この場合、リフォームより費用や工期は掛かりますが、新築時に無かった付加価値がつきますので募集家賃を上げることは可能でしょう。



どちらにもメリット・デメリットがあるので一概に言い切れません。


現状を把握し、予算や工期などをあらかた設定した上でプランニングを行ってもらうのが良いでしょう。


また市場調査を行い、しっかりとニーズを把握したうえで判断する必要があります。


賃貸マンションへの投資は費用対効果が最も重要ですので、プランに対しての根拠を追求するべきです。


だからと言って必要最低限の仕様にしてしまうと、周辺物件と同じ募集条件となり価格競争に巻き込まれるのは間違いありません。


ですので、ライバル物件と差別化できるポイントを明確化できるよう対策を施すべきなのです。



リフォーム、リノベーションどちらを取るにせよ肝心なのは、入居者のニーズを把握することです。


物件の立地条件や入居者の動向、好まれる設備などを踏まえたうえで、どういった対策が必要なのかを検討してください。


「ご自身では調査が難しい」「第三者の意見を聞きたい」などご要望がありましたらお手伝いさせていただきます。


プランニング、ご提案までは無料です!お気軽にお問合せください!


343e7ab3aae310f6f65043ca7996474a1