時代のニーズを見極めこれからもいろんな部屋をつくっていきたい。

京都市大野様
リノベーション後の部屋を見たときの第一印象は「自分が住んでみたい」でしたね。内装には自分にもこだわりがありましたから、コストをギリギリまで抑えながら、私の意向を具現化してもらえたことにとても満足しています。空室が埋まった今、改めて言えることは、入居者が求める部屋づくりにはその時代に合った要素が必要だということです。時代が求める色や素材がある。リノリースを導入したことで、オーナーも時代を見極める知識と判断力が必要だと気付いたことは、大きな収穫でした。今後もいろんなパターンの部屋をつくっていきたいと思っています。

インタビュー動画