外壁塗装工事で京都市マンションのイメージチェンジとメンテナンス

京都市マンションでの外壁塗装工事の施工事例。
築32年 鉄骨造 3階建て。施工前から完成までのご紹介。
タイル面・吹付塗装・シャッターも塗装しイメージチェンジしています。

1562288356818
P1000752
施工前の状況です。
ホワイトを基調にした2階・3階タイル貼りのマンションです。1階はベージュの吹付タイルです。
P10007531
ブツブツとした吹付塗装を一般的にボンタイルとか吹付タイルって言います。
大きなクラックや劣化は見れませんが、
TOP塗装を施工し仕上げ直しします。
DSCN0749
各階の金属製の手摺は塗装が剥がれ錆が出て来てます。
DSCN0757
所々、タイルが割れていたり
浮いている箇所も相当ありそうです。タイル補修に関しては別途事例にて紹介したいと思います
DSCN0754
竪樋やクーラの配管カバーも
劣化しています。
メンテナンス後、塗装します。
66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373
 リノリース京滋 ㈱澤村では、画像編集ソフトで塗装イメージをシミュレーションします。
2~3パターン製作し施主様と打合せを重ね決定していきます。
 京町屋風の近隣から少し浮いていた物件なので、周りに溶け込み過ぎず存在感の
あるデザインに施工します。
DSC_0986-e1562291088826
車通りは多くは無いですが、前面道路は狭い為、仮設足場は最小限に設置します。
1階シャッター前は車の出入りが有るため開放させます。
DSC_0987-e1562289297836
DSC_11551
DSC_1182
DSC_1156
タイルの浮き調査後、補修を行いました。
サッシ周りの【シーリング(コーキング)】を打ち換えるなどメンテナンスも行います。
DSC_1186
タイルの目地が深すぎるので目地埋めを行い
【プライマー】と呼ばれる下地材を塗ります。この上から仕上げ塗装を2回塗ります。
今回の仕上げ塗装は【セラミックシリコン】
です。
DSC_1193
吹付タイル面は洗浄後、【シーラー】と呼ばれる接着剤の役割になる下地材を塗布し、
【セラミックシリコン塗装】で仕上げます。
シャッターは金属なので専用の塗料を使います。
【セラミック変性ウレタン樹脂塗料】です。
DSC_1195-e1562302008848
軒天とは、庇やバルコニーの天井部分の事です。
【シーラー】+【エマルジョンペイント】
と呼ばれる専用塗料で施工します。
before
DSCN0745-e1562302116976
icon1
after
1562288350248

実際の完成写真です。

提案イメージ通り お洒落に生まれ変わりました!!
仕上げ塗装は約10年で劣化が始まります。
早めのメンテナンスが物件の長持ちの秘訣です。

このタイミングでイメージチェンジを図り、デザイナーズ物件に変身!!
お部屋の中も大切ですが、第一印象も疎かに出来ませんね!!

外壁改工事もリノリース京滋㈱澤村にお任せください!!!